自分らしさを出した個人名刺のおすすめ

名刺は、ビジネスの場になくてはならない必須アイテムです。毎日どこかで大量の名刺が飛び交っています。名刺は、名前や社名、連絡先などがコンパクトに収まった、いわば自分の分身のようなもの。相手に渡しておけば、何かの時にチャンスを引き寄せてくれるアイテムです。しかし、ビジネスの必須アイテムである分、個性を出すのが難しいものでもあります。きっと誰のデスクにも、だれからもらったか思い出せないような個人名刺があるのではないでしょうか。自分の名刺をその他大勢の名刺の山に埋もれさせたくないと思うのであれば、他の人とは一味違う、オリジナリティーを出すことが重要となってきます。ただ、個性といっても、ビジネスの場で使うものですから、その点をわきまえなければなりません。

視覚的効果を利用して印象付ける

印象深い、個性的な個人名刺を作るのであれば、見ただけで顔を思い出してもらえるものが良いでしょう。そのためには、名刺を渡された側になったつもりで想像力を働かせることが必要です。まずはあなたの日常を振り返ってみてください。よく、「顔は覚えているけれど、名前が思い出せない」ということはありませんか。この事例からわかるのは、「人は、名前の文字情報よりも顔のほうが印象に残る」ということです。このことをふまえて、自分の分身である個人名刺に「顔写真」や「似顔絵イラスト」を入れるのは、相手に覚えてもらうには有効な手段といえるでしょう。顔を覚えてもらうことが大切な接客業や営業担当の方などは、このように「顔写真」や「似顔絵イラスト」を名刺に付けるケースが多いようです。

名刺の素材や文字のフォントを自分の印象に近づける

個人名刺を個性的なものにするには、名刺そのものの素材や、使う文字のフォントに工夫するという方法もあります。名刺に使う紙も、選ぼうと思えば多種多様な素材・色を選ぶことができます。例えば、自分や会社のイメージカラーの紙を使ってみたり、手触りが変わっている紙を使ってみるのもひとつの案です。名刺というと「白」というイメージがありますが、それにとらわれず、もっと自由に選んでみてもよいのではないでしょうか。文字のフォントも、名刺の印象を左右する大切なポイントです。日常のビジネスシーンでよく登場する明朝体とゴシック体、これだけでもかなり印象が違います。これ以外にも、丸みのある優しい印象のフォントや、手書き風のフォント、その他個性を感じるフォントがたくさんありますので、お好みに合わせてご自分らしいフォントを選んでみてはいかがでしょうか。ただ、ビジネスで使う場合には、あまりに個性的過ぎるとあまりいい印象を持ってもらえない場合もありますから、注意が必要です。