最近は個人名刺を作る人が増えています

名刺は、社会で活躍するためのビジネスマンの必須アイテムです。会社勤めの人なら、会社で作られたものが支給されるため、そのデザインなどについてあまり気にされていないことも多いですが、個人名刺となると話は違います。これから自分の事業を立ち上げようとしている起業家や、フリーランスとして独力で仕事を取ってくる必要のある個人事業主の場合は、個人名刺の出来が、自分の名前や会社名、事業の内容などを覚えてもらえるかに大きく影響します。せっかく初めての取引先に名刺を渡したのに、その名刺がありきたりのものであったら、取引先の記憶に全然残らず、ビジネスに発展しにくいです。しかし、一方で、事業準備などで忙しい人にとって、名刺を自分で作るのはなかなか面倒なもの。そこで、自分だけのこだわりの名刺を簡単に作ることのできる方法をご紹介します。

個人名刺を手軽に作成できるweb印刷サービス

ありきたりのものではなく、自分だけの名刺を手軽に作りたいなら、web印刷サービスの利用が便利です。web印刷とは、印刷業者が開設した専用のweb発注サイトから名刺印刷に関するすべての作業を行うことができるサービスです。webからの入力や作業だけで名刺発注を最後まで一貫して行うことができるため、大変便利です。専用webサイトからの入力や作業の主なものとしては、名刺データの入稿と、名刺印刷に関する各種設定の入力です。名刺データ入稿では、PCなど自分で作成した名刺データをアップロードします。印刷設定入力では、名刺印刷に使用する用紙の選択、印刷画質の設定などを行います。これらの設定とデータ入稿を行えば、後は発注ボタンをクリックするだけで発注完了。後は、印刷された名刺が送られてくるのを待つだけです。

名刺データの作成もwebサイト上でできる

ところで、名刺データの作成といっても、これまで自分で作ったこともなく、どうやったらいいかわからない、という方もいらっしゃることかと思います。そのような場合もweb印刷サービスなら大丈夫。多くのwebサイトでは、名刺データを作成するためのページが設けられています。この名刺データ作成ページには、数多くのテンプレートが準備されています。オーソドックスなものから、個性的なものまでさまざま。まずは、これらのテンプレートの中から、ご自分のイメージにあったものを選びます。そして、選んだテンプレートに、氏名、会社名、住所などのテキストデータを重ね合わせるだけで、名刺データが完成します。ただ、これだけではオリジナリティに欠けると感じる方は、会社のロゴマークやご自分の顔写真を貼り付けるいかがでしょう。よくあるデザインの名刺が、一瞬で自分だけの名刺に早変わりします。