個人名刺を作る時に気を付けること

ビジネスシーンではよく見かける名刺交換ですが、プライベートなシーンでも名刺は有効活用できます。例えば、趣味のサークルに参加した時や副業を始めた時などは個人活動のアピールを目的として作った名刺を利用したほうが有効でしょう。就活生が名刺を作って採用担当者や就活仲間と交換することも珍しくはありません。個人名刺は会社が作ってくれるものとは違い、大きさや紙質、記載情報などを自分で自由に決めることができます。しかし、作り方を間違えると有効活用できないばかりかトラブルの種になってしまうこともあります。では、プライベートで名刺を作り有効活用するためにはどのようなポイントが有り、トラブルを避けるためにはどのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。

渡した相手の印象に残る個人名刺の作り方

相手の印象に残る名刺を作るには、まずどんな人に渡す名刺なのか、何を目的とした名刺なのかを考える必要があります。それが決まれば、たくさんある情報の中から記載すべき情報を取捨選択しやすくなります。名刺に記載する情報としては、氏名、連絡先が基本情報となります。さらに、渡す人と目的を考慮して追加情報やデザインを決めます。ホームページアドレスを入れたりイラストを加えたりしても良いでしょう。ただし、記載情報は絞り込むことが大切です。名刺のスペースには限りがありますからあまり多くの情報を詰め込もうとすると文字を小さくせざるを得なくなり、わかりづらい名刺になってしまいます。渡す相手によって名刺を使い分けるなど、目的に応じて複数の名刺を作ったほうが良いでしょう。

個人名刺に記載しない方が良い情報とは

プライベートで名刺を作る時は、どこまで個人情報を記載するのかに注意を払うことが大切です。名刺に記載した個人情報が元でトラブルを招くこともあるからです。記載しないほうが良い情報としてまず挙げられるのは自宅の住所です。特に女性の場合はストーカー被害にあう可能性もあるために、自宅住所は記載しないほうが無難でしょう。自宅で起業して名刺を作る場合などはバーチャルオフィスを利用して別の住所を記載するという方法もあります。電話番号も自宅の固定電話は避けたほうが良いでしょう。また、SNSを利用している人は名刺にアドレスを記載したくなるかもしれません。しかし、SNSは個人情報の宝庫です。不特定多数の人に渡す名刺に安易にSNSのアドレスを記載するのはおすすめできません。