個人名刺を作るのに必要なこととは

個人名刺は、ビジネス用途のタイプと仕事には全く関係のない場所で用いるタイプと2種類があります。会社の肩書きがないという意味では、同じ種類の名刺とみなされることがありますが、独立して仕事をしている個人事業主やフリーランスであれば、ビジネス用途とほぼ同様の名刺となるでしょう。趣味の会やセミナー、勉強会などに出席した時やママ友との交流を深めるのに交換するのであれば、通常のビジネス用途の名刺とは違った物になります。仕事の場で使う物であれば、ある程度ビジネス用途に準じた物にするため、デザインやレイアウトに一定の制約がある場合も見られます。非ビジネス用途であれば、相手に印象づけることも必要なため、デザイン性を高くしたり、イラストやカラーを使ったりしても良い場合があり、ある程度華美にしても構わないでしょう。

個人事業主やフリーランスの名刺作成

個人事業主やフリーランスの個人名刺は、ビジネス用途で作られるため、相手先に自分の名前や連絡先を知ってもらう必要があります。ビジネス名刺から社名や肩書きを除いた物と考えると分かりやすいでしょう。特にフリーランスの方に見られる傾向ですが、自宅で仕事をしている方も多く、連絡先や住所を自宅の住所地や固定電話と兼ねていることがあります。個人情報の漏洩を心配するあまり、名前とメールアドレスしか名刺に記載しない方もいます。どのような仕事をしているか、検討がつきませんので、相手先は戸惑ってしまいます。相手先の企業の方が、社名や肩書き、名前や電話連絡先、企業のサイトアドレスまで記載した名刺を渡しているのに、非常に失礼になるでしょう。また、信頼されていないのではと考え、良い印象を与えられず、仕事がまとまらない可能性も考えられます。名前や住所、連絡先とメールアドレスはもちろん、あればブログやサイトのアドレスも記載し、肩書きの代わりに仕事内容が分かる語句を入れるようにしましょう。

お付き合いで交換する名刺を作成する場合

セミナーや勉強会、個人的な会合やお付き合いで、自分の紹介をするために交換する個人名刺については、名前やメールアドレス、ソーシャルサービスの記載をするといいでしょう。特に、ソーシャルサービスであれば、即時に連絡が取れる場合がありますので、おすすめしたいです。ブログを開設したり、個人のホームページを持っていたりする場合は、閲覧や書き込みを期待するのであれば、記載してもいいと思われます。ビジネス用途の名刺の場合は、名前と社名と連絡先が一目で分かるようにするのが一番の目的で、あまりデザインに凝りすぎると軽んじられる傾向にあります。しかし、プライベートの目的で渡す個人名刺であれば、自分の人となりを印象づける物ですので、あまり神経質になることはありません。規格外サイズの名刺制作を請け負ったりしている業者、カッティングや印刷で目立つデザインを揃えている所、プラスチック製などの素材にこだわる業者を選ぶと、お洒落な名刺に仕上がるでしょう。ママ友に使う名刺であれば、可愛らしいデザインが評判良いと言われています。