おすすめの個人名刺の作り方を伝授

仕事で独立した人や就職活動中の人などは個人名刺を用意しておくと便利です。会社でもらう名刺とどう違うのかというと、個人名刺は個人的な繋がりを求めた名刺であり、会社関係で渡すものとは少し意味が違います。会社名刺には載せることができないパーソナルな情報を載せることができるので、たとえばSNSなどのアカウント、アドレスなどを載せても個人同士のやり取りなのでまったく問題がなく、知り合った人などに個人的に渡して繋がりを作ることができるようになります。個人的に繋がりを作ることでそれが武器になって仕事を上手くできるようになったり、就職に繋がっていくこともあります。そのため個人的な名刺を作っておくというのはとても良い人間関係を作るためにも役立つといいます。

ネットで作成を注文するのが人気

個人名刺はどうやって作ったらいいのかというと、最近はネットで簡単に作ることができます。実際に名刺を作る店舗にお願いしてもいいのですが注文から仕上げまで時間がかかってしまうので、簡単に自宅からお願いすることができるネットのサイトが人気です。価格は送料込みでも1000円以内で作ることができるところがほとんどです。注文時間によっては当日発送や翌日の着荷なども可能です。支払い方法はクレジットなどでも大丈夫なところが多いです。着払いをしているところなどもあるのでしっかりと確認をして注文することが大切です。どんな場で使いたいのかによって名刺のイメージを変えることもできるので個人で作るときには少し工夫することもできます。仕事関係で使うものよりも多少ラフなイメージのあるものを作るというのもいいです。

名刺にはどんなことを載せたらいいのか

個人名刺に載せる内容は、個人のものなのでどんなものを載せても自由です。相手への自己紹介の意味があるので仕事で渡すのか、それとも就職活動の一環として渡すのかということによって多少違います。たとえば表面にはフリーランスなどの仕事なら屋号、職種や肩書き、職能などを書いたり、メールアドレスや電話番号などを書いておきます。自分の名前をフルネームで書くのはもちろん、事務所や連絡先の住所と挨拶や一言を書いておくようにします。裏側には顔写真や似顔絵、SNSのアカウントやアドレス、自己紹介を書くといいです。職能や請け負うことができる業務の一覧、PRなどを載せることもできます。もし就職活動中なら保有資格や過去の実績、経歴なども載せておくとアピールすることができるのでおすすめです。